キャッシングの必要性について

出来れば知られたくないキャッシング

自分のお金は自分で稼いだものだから、確かにどう使おうともそれは個人の自由です。とはいえ、生活が立ち行かないほどに使い込んでしまったらそれはどうしようもなくなってしまいます。そうなると、誰かに相談をしていくらかのお金を借りるか、キャッシングなどを利用するのかと言うような選択肢を自分で選ぶことになります。

 

相談してお金を借りてしのげればそれでもいいのですが、出来れば知られたくないとか、借りられるような小さな金額でないこともあります。普段の生活でも自分の好きな食べ物が食べたいとか、この服が着たいとかきりがないぐらいいろんな欲求がありますが、それを全て満たそうとするとお金もいくらあっても足りないぐらいでしょう。

 

我慢できる範囲の欲求であれば、お金を借りてまでそれを満たす必要はありません。大抵の事は我慢が出来ますし、また次の給料日にお金が入ってからと言う風に考えてお金を使うようにするぐらいがちょうどいいのです。通常はそこまでキャッシングを利用する必要性はないことが多いので、出来るだけ最後の手段と考えるようにしましょう。

 

必要性を感じる時の方が珍しいぐらいです。後少し金額が足りないけれども、定期や定額貯金は崩したくないとか、旅行・外出先などでどうしてもお金が足りなくなってしまったと言うような、突発的な事柄で必要になることが多くなります。キャッシングは確かに身近な存在になり、便利に使っていますがそれも金銭感覚を正しくもった上での利用なのです。

 

多重債務

消費者金融の比較について

私は幼いころから、たくさん消費者金融のCMを見てきました。私が好きなバラエティ番組では、よくキャッシングCMが流されていた記憶があります。 また、私は格闘技などのイベントが好きだったのですが、ここでもキャッシングの広告は、リング上のマットやコーナーポストによく貼られていました。実際に利用したことはなくても、よく会社名は知っていました。

 

 実際にキャッシングを利用しようと思ったときに、インターネットのHPを見て色々と比較作業を行いました。キャッシングの会社は本当に多く、「初めてのお客様向けのサービス」や「今ならキャンペーン中」という文言が所狭し、と並んでいました。 正直なところ、会社ごとにどう違いがあるのかわからなかった私は、とにかくゆっくりと見ていくしか無かったのでした。

 

 結果として、一番有名そうな会社にキャッシングを申し込みました。どこかへ行かねばならないのかなと、漠然と考えていましたが、インターネットからそのまま融資の申し込みができました。 その後、必要書類が後日郵送されてきました。書類作成は少々手間がかかりましたが、マニュアルが完備されており、落ち着いてやれば問題ありませんでした。

 

 書類をFAXしたあと、数時間でお金が振り込まれていました。あっさりとお金を受け取ることができたので、非常に驚きました。 返済についてですが、事前に利息をシミュレーションしてくれたものを教えてくれていたので、気分的には楽でした。 利息が急に跳ね上がるということもなく、コンビニATMから返済できたので、順調に完済することができました。

 

三菱

消費者金融が大車輪のように忙しかった時代

消費者金融に勤めていた友人に聞いた話しなのですが、その昔は大変忙しく仕事に忙殺されるような時代があったそうです。この友人は長く金融業界に携わっていたのですが、現在は金融業界を離れ別の業界で仕事をしています。そんな友人と久しぶりに飲みに行った時に聞いた話しです。当時の日本はバブルが弾けたぐらいの時期でした。

 

その頃から消費者金融を利用する人が増えだし、次第に金融業界は表舞台に出るようになって行きます。その頃はとにかく融資の契約を大車輪の如くバンバンとっており、顧客獲得のために競合会社との競争が激しかったそうです。その頃から無人契約機なども登場し、比較的にお金を借りやすい状況になったのも、利用者が増えた一因だと語っていました。

 

その頃の金融業界は取り立てが厳しく、ヤクザばりの取り立てを行っていたそうです。後にある大手の金融会社の取り立てがマスコミによって取り上げられ、社会問題になったことをきっかけに、そのような厳しい取り立ては無くなって行ったそうですが、この頃は厳しく取り立てを行っていたそうです。利用者が増えるに連れて支払いが滞る利用者も次第に増えて行ったそうです。

 

そうなってくると取り立ての仕事が増えて、友人は各地を大車輪の如く飛び回って回収業務を行っていたそうです。現在では法律で違法とされますので、そのようなことも無くなり印象を良くするようなCMや、イメージアップ戦略に忙しい金融業界各社ですが、一時期はそのように回収作業に忙しい最盛期の時代もあったということです。

 

一本化

例外もあるが多くの消費者金融では印鑑は必要

消費者金融からお金を借りる場合などは、印鑑が必要になってくるケースは非常に多いです。なぜならば、申込書を記入する必要があるからです。その申込書において、捺印をする箇所が存在します。捺印をする個所があるということは、もちろん判子は必要になってきます。多くの場合、この印鑑は必要なものの一つということになります。

 

ところで捺印をする際に、ちょっとしたポイントが一つあります。それは捺印する箇所を見落とさないようにするべきという点です。思えば我々も銀行の口座を作る時などは、申込用紙に捺印をした覚えがあるものです。そして捺印の箇所はちょっとわかりづらいということなどもあります。2枚複写の申込用紙などの場合、二枚目にも捺印をするというパターンなどは多いです。見落としには注意が必要です。

 

ところで先ほど「多くの場合」必要になってくると申しあげました。これにはちょっとしたポイントがあります。この場合、多くの場合という点がポイントです。ということは、それに対する例外も実は存在するものなのです。結論から申し上げますと、印鑑が不要になってくるパターンも中には存在するのです。いわゆるインターネット完結型の消費者金融などです。

 

実はクレジット会社の中には、カードが不要なタイプの商品も存在するのです。その場合、捺印は不要となります。全てがインターネットだけで完結します。必要になってくるものは身分証明書だけなのです。したがって中には例外などもあるわけです。ただし多くの場合はやはり必要になってきます。一応は用意もしておいた方が無難ということになります。

 

楽天銀行